press release

2021.11.30

ピリカブランドムービーの公開と10周年を記念したYEARBOOKを制作

株式会社ピリカ

株式会社ピリカ(東京都渋谷区、代表取締役:小嶌不二夫 以下ピリカ)は2021年11月21日(日)に創立10周年を迎えました。それを記念して、ピリカのブランドムービーの公開及び、ピリカに関わるスタッフやステークホルダーの方々に向けて10周年を記念したYEARBOOKを作成し、11月22日(月)に公開しました。

111カ国、累計2億1千万個のごみ拾い活動、企業や自治体などにも浸透

ごみ拾いSNS「ピリカ」は、2011年5月15日にリリースし、現在111カ国から累計2億1,000万個のごみが拾われています(2021年11月21日現在)。累計ありがとう数は1,000万弱となり、ごみ拾い活動を通じて多くのコミュニケーションが生まれています。

導入頂いている企業・自治体・団体は1,500を超え、近年のSDGsへの関心の高まりを受け、環境問題に配慮した行動や消費は、各方面で浸透しつつあります。更に、コロナ禍でのオンラインコミュニケーションのニーズも加速化する中で、SNS でつながるごみ拾い活動への関心も高まり、ごみ拾いSNSピリカで継続的にごみ拾いに参加する人数もコロナ禍前と比べて2.5倍に増えています(※1)。

本動画では、改めて私たちが置かれている環境問題、特にごみの自然界流出問題とは何か、その中で、ピリカが挑戦していきたいこと、さらに実際にごみ拾い活動をしてくださっている方々にもコメントをいただきました。今この瞬間もピリカを通じて多くのごみが回収され、世界が少しずつ綺麗になっています。「もっといい明日のために」それぞれが何ができるのかを考え、そしてアクションにつながっていく機会となることを目指しています。

また本動画は、ピリカの創業の後押しとなった、アクセラレータプログラム「Open Network Lab」から支えて頂いている株式会社デジタルガレージ様、またピリカのパートナーでもあり、全国で清掃活動等の地域社会への貢献活動をおこなう「Rethink PROJECT(リシンク・プロジェクト)」並びにJT東京支社、そして2021年7月から渋谷区版ピリカ「ちがいをちからにかえる街 渋谷区」をご導入いただいた渋谷区様のご協力のもと制作に至ることになりました。本動画の短編バージョンは、現在渋谷区の街頭ビジョンでも配信されており(※)、他エリア・自治体での展開も予定しております。まちを歩くなかでも、今できる一歩を後押しするきっかけ作りを目指しています。

「Open Network Lab」概要

Open Network Lab (通称 Onlab オンラボ)は、日本のアクセラレータープログラムの草分けとして、グローバルに活躍するスタートアップの育成のため、2010年4月にスタートしました。これまでに130社を超えるスタートアップを支援してきています。「世界に通用するスタートアップの育成」をミッションに10年を越えるインキュベーションノウハウを活かし次のステージへ支援します。大企業が持つノウハウと、スタートアップが持つ新しい考え方のコラボレーションや、さらなるグローバル化を加速させる取り組みとして北米と日本、アジア、欧州をつなぐグローバルインキュベーションストリームを構築し、世界を代表するスタートアップを輩出するエコシステムと支援内容を強化していきます。

https://onlab.jp/

「Rethink PROJECT」概要

「Rethink PROJECT(リシンク・プロジェクト)」は、JTがパートナーシップを基盤に取り組む地域社会への貢献活動の総称です。「Rethink=視点を変えて、物事を考える」をキーワードにこれまでにない視点や考え方を活かして、パートナーのみなさまと「新しい明日」をともに創りあげていくために、社会課題と向き合うプロジェクトです。
https://www.rethink-pjt.jp/

渋谷区版ピリカ「ちがいをちからにかえる街 渋谷区」概要

ごみ拾い活動見える化ウェブサービスは、渋谷区内でのごみ拾いSNS「ピリカ」を活用したごみ拾い情報を掲載し、どの地域で、どんなごみが拾われているのか、渋谷区内全体で、今どのくらいごみが拾われているのかを可視化します。参加企業・団体名も紹介され、地域内でのCSR活動も把握することができ、個人での参加はもちろん、企業や団体なども含め、地域の清掃美化活動の活性化を後押しします。地域の清掃活動の活性化を通じて、ごみ拾いなどの環境問題への解決策を協働で取り組むとともに、地域課題解決促進を目指します。
https://shibuya.city.pirika.org/

ピリカ設立10年をともに振り返る、YEARBOOKを制作

ピリカは、科学技術の力であらゆる環境問題を解決することをミッションに活動しております。そういう意味で、この10年は大きな一歩であるとともに、課題解決というゴールに向けてはまだまだ小さな一歩です。10周年というこのタイミングで、この軌跡を関わるスタッフで振り返り、改めて目指す先を共有することを目的としたYEARBOOKを制作しました。

ごみ拾いSNS「ピリカ」、ポイ捨てごみ分布調査サービス「タカノメ」、マイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」、それぞれのサービスの軌跡や、過去関わって頂いたスタッフ、取引先の方々のコメントなど、今この現在地に至ったピリカの歴史をこのタイミングでまとめました。本内容は、ピリカの従業員を中心に関係者にお渡しているものですが、以下でも閲覧が可能です。
https://prtimes.jp/a/?f=d15952-20211122-4a9c504941ad1dab23bed6bd31428ab3.pdf

ピリカでは、各サービスを展開し定量的にごみの問題を把握することで、新たな課題を発見し、協働していくパートナーを広げ、ごみの自然界流出問題、ひいては環境問題全般の問題解決に挑んでいきたいと考えています。またこの課題解決に挑みたいという仲間も積極採用中です。是非お気軽にお問い合わせください。
https://careers.pirika.org/

※1 自社調べ。過去半年(2020年11月〜2021年4月)の月当たりでの、ユニーク投稿ユーザ数を算出。
※2 渋谷区街頭ビジョンについて
放映期間 令和3年10月1日(金)~令和3年3月31日(木)予定
放映時間 9:00~24:00
1時間に1回程度放映(1回の放送は15秒、無音での放送となります)

□放映街頭ビジョン
(1)シリンダーサイドビジョン (渋谷区宇田川町26-2)
(2)TOWER RECORDビジョン(渋谷区神南1-22-14)
(3)ABC-MARTビジョン(渋谷区宇田川町27-6)
(4)センタービルビジョン(渋谷区宇田川町16-8)
(5)アドアーズビジョン(渋谷区宇田川町13-11)
(6)シグマビジョン(渋谷区宇田川町12-12)

<注意事項>
・通行の妨げとなる行為(場所取り、歩道での立ち止まり、車道に出ての撮影等)は固くお断り致します。
・放映についての、街頭ビジョン設置施設および、屋外ビジョン運営会社等へのお問い合わせはご遠慮ください。
・諸事情により放映自体が中止となる場合がございます。また放映時間が変更になる可能性もございます。
・東京都の要請で街頭ビジョンの放映時間が変更になる可能性がございます。
・放映期間内であっても、都合により放映されない日程・時間帯もございます。

■株式会社ピリカについて
科学技術の力であらゆる環境問題を解決することを目指し、2011年に大学の研究室で非公式のプロジェクトとして始まり、同年に法人化。様々な環境問題の中でも、一歩目としてごみ(特にプラスチック)の自然界流出問題に注力しています。

ごみ拾いSNS「ピリカ」は、2011年5月15日にリリースし、現在111カ国から累計約2億1,000万個のごみが拾われています(2021年11月22日現在)。累計ありがとう数は1,000万弱となり、ごみ拾い活動を通じて多くのコミュニケーションが生まれています。導入頂いている企業・自治体・団体は1,500を超え、近年のSDGsへの関心の高まりを受け、環境問題に配慮した行動や消費は、各方面で浸透しつつあります。

さらに、画像解析による広範囲のポイ捨て状況調査サービス「タカノメ」や、マイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」を通じて、海洋・陸のごみの流出状況をオープンデータで発表し、課題発見と解決に向けた協業・連携を展開しています。2021年第1回環境スタートアップ大賞にて「環境大臣賞」受賞。

会社概要
社名:株式会社ピリカ(英名 Pirika, Inc.)
※ピリカはアイヌ語で「美しい」という意味の言葉です。
所在地:東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ1308
事業内容:ごみ拾いSNS「ピリカ」の運営/ポイ捨てごみ分布調査サービス「タカノメ」の提供/マイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」の提供
設立年月日:2011年11月21日
URL:https://corp.pirika.org/

ダウンロード素材一覧

前の記事へ 一覧へ