press release

2021.09.09

群馬の老舗酒蔵が神宮前ラジオから発信 SDGsをテーマとしたラジオ番組をスタート

尾瀬の水芭蕉を救う日本酒3本セットプレゼントキャンペーン実施

永井酒造株式会社(本社:群馬県利根郡川場村、社長:永井則吉)は、地球温暖化の影響によってシカの食害を受けている尾瀬の原風景を取り戻すプロジェクトを昨年よりスタートしています。そしてこの活動を持続的に展開するために、 2021年7月9日よりSDGsをテーマとしたラジオ番組「MIZUBASHO蔵カフェRadio」をスタートいたします。
また、今回のラジオ番組開始を契機に、弊社の日本酒を通じた環境保全活動について、より多くの方に知っていただき、その輪が更に広がることを願って、 尾瀬の水芭蕉を救う日本酒「MIZUBASHO Artist Series3本セットプレゼントキャンペーン」を実施いたします。

写真:永井酒造株式会社
  • MIZUBASHO 蔵カフェRadio

神宮前ラジオ<インターネットラジオ局>
https://jingumae.fm/jf/2453
上記リンクより、時間帯、場所を問わず視聴可能です。
収録内容は毎週金曜日に更新されます。

<番組概要>
この番組は、MIZUBASHO Artist Seriesを囲みながら「私達が出来るSDGs」をテーマに、蔵カフェで愉快な仲間たちと語りあうように気軽なトークでお届けしていきます。持続可能な社会や地球環境を考えるきっかけとなる、国内外の様々な取り組みや視点、ヒト・モノ・コトなどを発信していきます。

写真:永井酒造株式会社

▲MIZUBASHO 蔵カフェRadioの収録風景。ナビゲーターの永井松美(左)が、毎週SDGsに取り組んでいるゲストをスタジオにお迎え致します。

また質問やご感想を以下のアドレスで受け付けております。kuracafe@jingumae.fm

  • MIZUBASHO蔵カフェRadio スタートへの想い

-SDGsへの共感の輪を広げる為にー
「尾瀬の水芭蕉プロジェクト」を通じ、弊社は新しい知識創造の機会を作り、多くの方々に日本の原風景を守る大切さを共有して参ります。そして、今後は次世代教育の一環として、子供たちにも自然を守り続ける大切さを学び、体験して欲しいと願っております。毎年、継続的に水芭蕉の苗を植え足していく事で、2030年までに2万株以上の水芭蕉を尾瀬の玄関口である大清水湿原に咲き誇らせることを目標としています。水芭蕉は、種を蒔いてから開花するまで3年もかかり、株植えして根付く確率が1/4程と大変手がかかる植物です。この目標を実現するには、持続的な活動が重要であり、プロジェクトへ参加してくださる仲間を増やし共感の輪を広げていくことが大切になります。
今回のラジオ番組は、様々な分野で社会の持続可能性に挑戦しながら、楽しさも、ワクワクも、未来も作っているゲストをお迎えし、「人」と「地球」のより良い未来を考える選択肢を考えていきます。そして、日常生活の中で環境問題に目を向け、「私たちができるSDGs」を自分ごとに捉える感性磨きを目指し、「今と未来」を繋げるサステナブルな暮らしやアイディアを共有して参ります。

​-蔵と自然-
弊社の酒造りは初代 永井庄治が群馬県川場村の水に惚れ込んだ事からスタートいたしました。酒造りはもちろん、我々のバックボーンにおいて「水」は欠かせない存在であります。弊社では、この「水」を生み出す自然へ常に敬意と感謝を込め、「川場村の自然を表現するキレイな酒造り」をモットーに日々、酒を醸しております。

写真:永井酒造株式会社

-尾瀬の水芭蕉プロジェクト-
蔵とその周りにある雄大な自然に密接な関係がある中で、弊社の酒銘柄名であり、地元尾瀬を代表する花「水芭蕉」が地球温暖化の影響によってシカの食害に遭い、その数が激減しているという話を伺いました。そこで弊社は、尾瀬国立公園を管理している東京パワーテクノロジー、そして古くから尾瀬の水芭蕉を撮影し、美しい水芭蕉の写真素材を保有している三条印刷株式会社など、 環境保護活動をしていく上で同じ志を持った企業と共に「尾瀬の水芭蕉プロジェクト」を立ち上げました。このプロジェクトにおいて弊社は、昨年9月に発売した商品「MIZUBASHO Artist Series」の売り上げ5%をプロジェクトへ寄付しております。寄付金は東京パワーテクノロジーと現地尾瀬高校生徒による水芭蕉の苗の育成と植栽活動に使用されます。

写真:永井酒造株式会社

▲【写真上段】シカの食害に遭った水芭蕉の花 【写真下段】水芭蕉の花が激減している大清水湿原(左2007年,右2021年)

写真:永井酒造株式会社

*以下のリンクから尾瀬の水芭蕉プロジェクト活動に対する弊社の想いをご覧いただけます。
https://prtimes.jp/story/detail/ZxWmgnio97b

  • 環境保全活動のご紹介

弊社では6月5日の「世界環境デー」を契機に6月と7月の2か月間を「永井酒造 環境保護月間」とし、日本酒を通じて尾瀬環境保全の輪を広げる様々な取り組みを行いました。

地元酒販店との尾瀬訪問

写真:永井酒造株式会社

尾瀬の現状を実際に目で見て理解を深め、親しみもってもらう事が環境保全意識への第1歩に繋がると考え、MIZUBASHO Artist Seriesを取り扱い頂いている地元酒販店の皆様とともに6月、尾瀬を訪問いたしました。
参加者の方々からは「県内に住んでいるにも関わらず、初めて尾瀬を訪問し、雄大な自然に感動した。この自然を守りたいという意識が芽生えた。」「酒販店としてもMIZUBASHO Artist Seriesを通じて環境保護について伝える取り組みを今後していきたい」といった声を頂きました。

水芭蕉苗の育成

写真:永井酒造株式会社

▲(左から)三条印刷株式会社 代表取締役 渋谷政道様、永井酒造株式会社 代表取締役社長 永井則吉, 東京パワーテクノロジー株式会社 尾瀬林業事業所長 小暮義隆様「永井酒造 環境保護月間」活動の2つ目として, 6月6日 尾瀬の水芭蕉プロジェクトメンバーである東京パワーテクノロジー、三条印刷株式会社とともに尾瀬高校生徒の方々に協力頂き、水芭蕉の苗の植え替え作業を行いました。プロジェクト参画企業3社が実際に現地で作業を行うのは今回が初となります。
水芭蕉の花はとても繊細な為、育成には手がかかります。まず種を採取し、小さなポットに種を一粒ずつ植え、ポットから根が出たら更に大きなポットに移し替え、それを繰り返していきます。種子から花が咲くまで3年以上かかり、しかも苗植えして根付く確率は約1/4といわれております。
尾瀬の水芭蕉プロジェクトでは、今後10年で大清水へ2万株植える事を目標に、継続的に活動して参ります。

Myタンブラー運動

写真:永井酒造株式会社

弊社では環境への配慮として、使いまわし可能なタンブラーを持参する「Myタンブラー運動」を行っております。社員はタンブラーの中に日本酒を造る際に使用する水、「仕込み水」を入れて飲んでおります。 弊社の仕込み水は群馬最北部に降る豊富な雪や雨が尾瀬の大地でゆっくり濾過され川場村に辿り着いたもので、蔵の玄関に位置する社、「水神様」の地下65mから汲み上げています。硬度は50~60の軟水で口当たりが非常に柔らかくて甘味があり、余韻が長いのが特徴です。

  • プレゼントキャンペーン応募要項

今回、日本酒を通じた環境保全活動の輪をさらに広げていく為に、「MIZUBASHO Artist Series3本セットプレゼントキャンペーン」を実施いたします。弊社はこちらの商品売上げの5%を尾瀬の環境保全活動へ寄付しております。

【プレゼント内容】
MIZUBASHO Artist Series 3本セット(Floral Sparkling, Still, Dessert)を抽選で10名様にプレゼントいたします。

写真:永井酒造株式会社

▲左から:Floral Sparkling, Still, Dessert

MIZUBASHO Artist Series Floral Sparkling
容量:360ml アルコール度数:12%
水芭蕉の可憐な白い花を連想する、フローラルスパークリング。長年研究を重ね、進化してきた独自の瓶内二次発酵技術を使用し、カジュアルに仕上げました。口当たりの柔らかいシルキーな泡と白桃や林檎のような香味が調和します。

MIZUBASHO Artist Series Still
容量:720ml アルコール度数:15%
ライチのような甘い口当たり、ほのかにグレープフルーツのフレーバーを感じ、なめらかで軽快な味わいが特徴です。優しい中に幅を持った旨味も広がり、様々な料理と気軽に楽しめる食中酒を目指しました。

MIZUBASHO Artist Series Dessert
容量:300ml アルコール度数:12%
パッションフルーツやアプリコットを連想させる上品な甘味に仕上げました。頑張った自分へのご褒美に嗜んでホッと一息するには最適なお酒です。そのまま飲んでも、スイーツや果物、チーズなどに合わせても笑顔になれるデザート酒です。

【応募期間】
2021年7月9日~2021年8月9日 23:59

【応募方法】
下記リンクのキャンペーン専用フォームに情報をご登録ください。
https://forms.gle/xWvpuaZbZrcWg7Fw7

【当選発表】
抽選後、商品の発送をもってかえさせていただきます。
-注意事項-
・プレゼントの発送は諸事情により遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。
・当選プレゼントの販売・換金はお控えください。
・応募フォームへの入力内容に不備がある場合、また当選者の住所が不明確な場合や、 転居による住所変更などの理由によりお届けできない場合、当選資格を無効とさせていただきます。

永井酒造株式会社

写真:永井酒造株式会社

創業1886年。群馬県最北部、利根川の源流域に位置する川場村。初代永井庄治がこの地の水に出会い酒造りを始めました。「この地の自然に敬意と感謝を持ち、自然美を表現する綺麗な酒を造る事」を哲学とし、最新鋭の設備と伝統的な技の融合で、美しい酒を醸します。

HP:
http://www.nagai-sake.co.jp/

Facebook:
https://www.facebook.com/mizubasho/

Twitter: 
https://twitter.com/nagaisyuzou

Instagram:
https://www.instagram.com/nagaisake.inc_official/

ダウンロード素材一覧

前の記事へ 一覧へ