press release

2021.10.18

<こどもブランドiiwan(いいわん)>離乳食期のママを応援する<OYAKOプロジェクト>スタート

”産後うつ”支援活動|離乳食期の不安を”あんしん”に変えて、最高に楽しい育児体験を目指します。

株式会社豊栄工業

<こどもブランドiiwan(いいわん)>は離乳食期のママを応援する<OYAKOプロジェクト>をスタートします。

OYAKOプロジェクトの経緯

厚生労働省は令和2年度の児童相談所による児童虐待相談対応件数(速報値)を公表しています。件数は20万5029件で、前年度より1万1249件(5.8%)増え、過去最多を更新しました。

参照:厚生労働省サイト内「令和3年度全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議資料」より
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/000019801_00004.html

虐待の原因の1つが育児と家事の疲れや寝不足、ストレスからくる”産後うつ”です。昨今、ママの7~10人に1人が産後うつと診断されています。コロナ禍でさらにリスクが高まっており、無自覚者を含めるとママの4人に1人が産後うつの可能性があるという統計が報道されています。

参照:NHK 2020年10月16日放送コラムより
https://www3.nhk.or.jp/news/special/kosodate/article/feature/article_201016.html


出産直後から小さな命を守るというプレッシャーと疲労、睡眠不足から、親が自身の心身の健康を保つことは大変困難なことです。
iiwanは“はじめての体験を最高のものにする”をコンセプトに、ママが心身ともに楽で心地よく、育児を最高に楽しめるモノやコトをご提案して参りました。
私たちはこのプロジェクトを通して、ママとご家族の育児負担がさらに増える離乳食期に、赤ちゃんに安心安全なベビー食器を通じて親子で”あんしん”して育児を楽しむためのヒントとなるような育児サポートコンテンツをお届けします。「最高に楽しい!」育児のための”あんしん”を。自分らしく子育てを楽しみたいママとご家族へお届けしたいと思っています。

プロジェクトの一環として、これまでにも6回にわたってお客様とともに活動を続けて参りました
乳児院寄贈企画をはじめ、児童虐待予防・防止につながる取り組みを進めて参ります。

『SIX for ONE』
期間:2021年10月11日(月)~12月10日(金)

2021年10月11日(月)より、iiwan公式サイトにて『SIX for ONE』(乳児院へiiwan食器寄贈企画)をスタートします。

iiwanの食器6点をご購入いただくと弊社から乳児院へ1人分のこども食器を寄贈いたします。ご協力くださったお客様にオリジナルステッカーをお届けいたします。
寄贈品の用途は、施設での使用、および、施設から家庭復帰されるお子さんとご家族への贈物になります。乳児院施設と直接スタッフがやり取りさせていただきながらお話を伺い、企画に賛同してくださったお客様には寄贈の報告活動を大切に考えています。

今後予定している企画

  • <なるかわしんご>×コラボ企画『Mom’s FIRST ギフトセット』
  • 期間:2021年11月1日(月) 発売スタート
  • 愛知県名古屋市 | 特定非営利活動法人ひだまりの丘理事で児童虐待予防推進活動家・絵本作家のなるかわしんごさんと一緒に離乳食期のママ応援セットを企画いたしました。数量限定で発売します。
  • 2021年12月に名鉄百貨店本店にてイベント開催を予定しています。

<iiwan(いいわん)>とは

“はじめての体験を最高のものにする”をコンセプトに、「食」と「眠」を充実させるベビー用品を展開しています。安心な素材でできていて、子どもの感受性を豊かにしていく最高の定番アイテムを揃え、ママが心身ともに楽で心地よく、育児を最高に楽しめるモノやコトをご提案するこどもブランドです。

【㈱豊栄工業について】
弊社は、愛知県新城市に愛知県新城市の自然豊かな地域に工場を構え、精密機械に使われる部品や金型を製造している小さな会社です。
サステナブルで人に安心安全な素材(ポリ乳酸樹脂)を使用した商品<iiwan>「MY FIRST DISH」を開発。2018年度、第7回「ものづくり日本大賞」製品・技術開発部門では、「生分解性樹脂・ポリ乳酸の量産加工技術の開発に成功した功績が認められ、小松道男技術士と弊社常務の美和が内閣総理大臣賞を受賞しました。
また、2019年には日本航空国際線ラウンジの子ども食器として採用されました。

ダウンロード素材一覧

前の記事へ 一覧へ