press release

2022.04.15

シルク専門ブランド「コクーンフィット」ECビジネスの基盤強化、EC特化を目指し2022年4月ブランドを刷新

時代のニーズに即した商品訴求、パッケージリニューアル、ブランドサイトオープンも合わせて実施しました。

砂山靴下株式会社

2020年以降、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり消費需要の増加から、EC市場は急成長を遂げています。
経済産業省の市場調査によると、2020年の物販系分野におけるBtoC EC市場規模は12兆2,333億円となり、伸長率21.71%と大幅に拡大しています。(※1)
靴下製造業の砂山靴下株式会社(本社:東京都葛飾区・代表取締役社長:砂山 直樹)が展開するシルク専門ブランド「コクーンフィット」は消費行動のデジタルシフトが加速したことにより、ECの社会インフラとしての重要性はさらに高まると確信、2022年4月よりブランドを刷新することでECビジネスの基盤強化とEC特化を進めていることをお知らせいたします。

(※1)経済産業省「令和2年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」より URL:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/210730_new_hokokusho.pdf

公式ブランドサイトURL:https://cocoonfit.jp/

  • EC流通に特化したサステナブルパッケージに変更

コクーンフィットでは2022年4月よりECサイトでの小物配送やポスト投函などの流通サイズに対応するとともに
SDGsに適した環境対応の包装に切り替えを行いました。

天然素材を中心に扱うコクーンフィットでは限りある資源を大切にまもり、地球温暖化や海洋プラスチック問題に積極的に対応していくため、包装袋を植物由来(サトウキビ)のバイオマス原料を使用した地球環境にやさしい包装袋を使用しています。

またコクーンフィットでは木材資源を貴重な資源と考え、低炭素・循環型社会実現のため、使用している中台紙などを非木材紙であるサトウキビの搾りカス(廃棄されるもの)を配合した紙に切り替えました。

その他にパッケージに使用している印刷物は石油系のインキに比べ、焼却時に大気汚染の原因となる成分の発生を減らし土中や水中の微生物によって分解されることで環境にやさしいといわれているベジタブルオイルインキを使用しています。

コクーンフィットでは天然素材を扱うブランドの責任、そしてカーボンニュートラルな社会を実現のため、使っている素材・資材を低炭素化・再生可能な素材やエネルギーに切り替え、これからも持続可能な社会の実現により強くコミットしていきます。

  • 商品毎にQRコードを記載。より詳細な商品情報をお届けします。

コクーンフィットでは製品の特長や魅力をお客様にお伝えするため商品毎にQRコードを記載したパッケージにしました。
QRコードを読み取ることでより詳細な商品説明や関連する商品の情報をご確認いただくことが可能になりました。

<EC対応型新パッケージ>

<QRコード読み込みイメージ>

  • シルクの魅力や特長をより分かりやすくお伝えするためにブランドサイトをオープン

シルクは赤ちゃんからお年寄りまでお使いいただける人のお肌にやさしい繊維です。

シルク専門ブランド「コクーンフィット」では製品の特長を分かりやすくお伝えするためパッケージ変更と合わせ、伝わりやすく親しみやすい商品名に変更しました。

コクーンフィットではシルクの魅力や特長、歴史などを分かりやすくお伝えするために2022年4月よりブランドサイトをオープン、これからも商品の情報やシルクの魅力をお伝えいたします。皆様ぜひご覧くださいませ。

公式ブランドサイトURL:

https://cocoonfit.jp/

■会社概要
会 社 名:砂山靴下株式会社
本社所在地:〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6-27-5
会社設立 :1963年6月17日
資 本 金:4000万円
代 表 者:代表取締役 砂山直樹
HP:https://www.sunayama-socks.com

Twitterアカウント:https://twitter.com/sunayamasocks
Instagramアカウント:https://www.instagram.com/sunayamasocks/

Facebookアカウント:https://www.facebook.com/sunayamasocks/

■本件プレスリリース窓口
砂山靴下株式会社 第一事業部 企画営業課 多田
TEL:070-5464-6820
Mail:tada@hosyco.co.jp

素材ダウンロード一覧

前の記事へ 一覧へ