W o r k s

Case.01

アスフィール株式会社様

SDGsの取り組みを広く伝える企業ブランドプロモーション

# オリジナル動画制作 # 広報PRプラン作成 # イベント・発表会の実施

デジタルとクリエイティブ、ビジネスを複合的に学べる大学として開学15年を迎えたデジタルハリウッド大学。アートアンドサイエンスは同校の学生募集ブランディングプロジェクトに参画。キービジュアル、入試概要や募集要項といった入試ツール、オープンキャンパスに用いるノベルティなどのデザインを手がけています。

制作の背景

「デジタルクリエイティブにおいて、大学は今や絶対的な権威ではなく、才能やセンスは学生たちの中にある。デジタルハリウッド大学は、デジタルネイティブたちの中に眠る才能が解き放たれる場であり、その解き放たれた才能が集まってムーブメントや新しい力を生み出していく。」と同校の価値を再定義し、デザインコンセプト「The forces of digital natives unleashed.」を開発しました。
キービジュアルはこのコンセプトを基にして、学生たちの個性溢れる才能の集合をさまざまな形で表現。プロジェクトのキーファクターは色であると考え、他大学との識別性を高めながらデジタルネイティブの存在感を感じさせる黄色をキーカラーとして設定しました。
季節ごとに行われるオープンキャンパスのwebサイトやノベルティ、入試ツールといった高校生とのタッチポイントでは、キービジュアルを中心としてVIを徹底的に統一しています。

制作・実施内容

ブランドの存在価値を再定義してキービジュアルをデザイン

「デジタルクリエイティブにおいて、大学は今や絶対的な権威ではなく、才能やセンスは学生たちの中にある。デジタルハリウッド大学は、デジタルネイティブたちの中に眠る才能が解き放たれる場であり、その解き放たれた才能が集まってムーブメントや新しい力を生み出していく。」と同校の価値を再定義し、デザインコンセプト「The forces of digital natives unleashed.」を開発しました。

制作のポイント

  • デジタルネイティブの存在感を感じさせる黄色をキーカラーとして設定
  • ディスカッションや学生へのインタビューなどを重ねてブランディングプロジェクトを推進
  • 他大学との識別性を高める
サービス内容 広報PRプラン作成 、オリジナル動画制作、SNS配信用動画作成、イベント・セミナー用動画制作、イベント・発表会の実施
ターゲット層 この文章はダミーコピーです
業種 製造業
制作年 2021年